FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
他人の不幸。



一人でお茶してた時の事である。

先にいた、20才くらいの男二人の会話が気になりだした。

一人はチャラい感じで、片方は少し見ずぼらしく大人しめな感じ。

チャラ男が言った。
『一緒に儲けようぜ!』
相方が不安げに『本当に信用していいんですか?』

益々会話に興味が湧き、聞き耳ピーン!


内容的には、とあるデパートでクレジットカードを作り、それで新幹線のチケットを
買え!というものだった。

騙しじゃね~か!(´・ω・`)

それを真剣に聞いている、世間知らずで気弱そうな見ずぼらしい男が哀れになった。

どうにかして『止めとけ!』と伝えたかった。
もし目が合ったら、首振ってみようか?

その時、突然チャラ男が席を立った。
今だ!と相方を見たら、寄りによって靴紐結んでやがった。゚(゚´Д`゚)゚。

チャラ男が、スタスタと奥の方に向かってくと、、ソコには親分らしき男が座っていた。(゚◇゚)ガーン
駄目だこりゃ、、、コッチを見てる。下手な事すると飛んだトバッチリに決まってる

オイお前、コッチを見ろー!!
の願いも虚しく、チャラ男が席に戻った。
『じゃあ、今から直ぐ作りに行こう!』

アホな相方『はい、分かりました』と、連れていかれちゃったー(;´Д`)

あ~ぁ、今日彼は、何十万の借金を背負う事になるんだろうか。。。



スポンサーサイト
【 2015/08/05 13:14 】

未分類 | コメント(0) |
<<浦島太郎 | ホーム | ひ と り 言 。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。